判断する指針案

「特定空き家」を判断する指針案

 1.建築物の著しい傾斜

 2.構造耐力上主要な部分の損傷

 3.屋根、外壁などの脱落・飛散のおそれ

 4.擁壁が老朽化し危険となるおそれ

 5.ごみの放置、不法投棄など
     臭気の発生があり、周辺住民の日常生活に支障

 6.周囲の景観と著しく不調和
     多くの窓ガラスの破損

 7.空き家に住み着いた小動物
     なき声の発生や糞尿放置による臭気

 

 NPO法人空き家活用研究会 会員 前田等

http://www.abc-co.net/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページの先頭へ