政府方針

高齢者住宅空き家活用

 政府は、空き家やマンションの空き部屋などを
サービス付高齢者向け住宅として活用することを促している。

介護が必要な高齢者の見守りなどのサービスを行うスタッフが
常駐する拠点の設置基準を4月から緩和し、
地域に点在する空き家などを転用しやすくした。

高まる同住宅の需要に対応する。

従来の設置基準では、スタッフが常駐する拠点は
サービス付高齢者向け住宅の敷地内か隣接地に限られていたが、
国土交通省と厚生労働省が省令を改正し、
拠点の設置場所を同住宅から500メートル以内に緩和。

このため一つの拠点で複数の住宅をカバーすることが出来るようになった。

 

 

 NPO法人空き家活用研究会 会員 前田等

http://www.abc-co.net/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページの先頭へ