住宅・土地統計調査

市町村の対策後押し

  全国の空き家は2013年10月時点で約830万戸にもぼり、
全体に占める割合は13.5%で過去最高。

人口減が進む地方を中心に深刻な問題となっている。

空き家特措法は市町村が空き家の実態をつかむための立ち入り検査や、
目的外の利用ができない課税台帳の閲覧を認めている。
さらに、倒壊の恐れや景観を著しく損なう場合は「特定空き家」と認定。

市町村が所有者に除去や修繕を指導や勧告、
命令ができるようにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページの先頭へ