空き家には4種類

2014年7月、総務省の「住宅・土地統計調査」
     が発表された。

 

空き家には、賃貸用住宅、売却用住宅、別荘などの二次的住宅、
そして個人用の「その他の住宅」がある。

このなかで増えているのは、住む人がいない住宅や
建て替えなどのため取り壊すことになっている「その他の住宅」だ。

今回調査では318万戸。

空き家全体に占める割合は前回より上がって
35.4%から38.8%になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページの先頭へ